Leica Stock

お問い合わせ 0120-24-8484 見積りフォーム

ライカ III型

ライカ III型
販売期間 1933-1939
マウント形式 スクリューマウント(Lマウント)
シャッタースピード Z(B)、1/20、1/30、1/40、1/60、1/100、1/200、1/500
シャッター形式 布幕横走りフォーカルプレンシャッター
シンクロ接点 なし
フィルム巻戻し ノブ式
フォーカルプレーンシャッター方式でありながらも、スローシャッターを実現したモデル「Ⅲ型」。このモデル以前は、最低速シャッターは1/20だったが、Ⅱ型の本体底部に低速機構を組み入れることに成功。レンズシャッターではなく、ボディ前面に新しく設けた1秒から1/20秒までの低速シャッターダイヤルをレバーで連動させることで、ライカユーザーの悲願を達成した。誰もが認める、第二次世界大戦以前の集大成モデル。

連動距離計の内蔵という大改革を経て、高級35mmカメラとしての地位を確立したⅡ型。しかしその翌年の1933年には、今度は低速度シャッターを備えたⅢ型ライカを発表。B型ライカの失敗以来、ライカユーザーの悲願となっていた低速度シャッター内蔵を実現する。そして、Ⅲ型と同時に登場した「ズマール50mmF2」レンズとの組み合わせにより、低照度下での撮影範囲を著しく拡大させたⅢ型は、名実ともに、ライカを小型35mmカメラの王者にまで押し上げた。

ちなみに、その立役者的レンズ「ズマール50mmF2」は、ライツ社初の大口径レンズである。発売当初は固定鏡胴式だったが、翌年にはヘリコイド付の沈胴式に改良された。また、ほとんどがクローム仕上げだが、ごく初期にはニッケル仕上げのものもあり、同じく初期のものには最少絞りがF16のものまであったりする(後にF12.5に変更される)。また、初期の頃のレンズで先端部が黒塗りのものは、その外観から「ひょっとこ」との愛称で親しまれた。レンズ構成は4群6枚、最短撮影距離は1m。性能面ではさすがに現在と比べるべくもないが、オールドレンズならではの柔らかな描写が今でも高い人気の理由だ。

一方、ズマール50mmF2と同時に発売されたヘクトール135mmF4.5も、同様に名機として評判だった。実際、販売期間は27年間と非常に長く、1933年からエルマー135mmF4に置き換えられる1960年まで、ライカの代表的な望遠レンズの一つとして世界中で活躍した。このレンズの開発目的は、それまでのエルマー135mmF4.5がライカ判専用に設計されたレンズではなかったことにある。そこで、より高度のレンズとして、ライカ判をカバーさせる目的で設計されたのがこのヘクトール135mmF4.5である。したがって、エルマー135mmF4.5は他の大判カメラに流用できたが、ヘクトール135mmF4.5は他の大判カメラに流用できない。レンズ構成は3群4枚。

本体に話を戻す。
Ⅲ型とⅡ型の相違点は、Ⅲ型は低速度シャッターダイヤルがボディ上縁(正面から見て10時の位置)に増設された点である。シャッター速度系列の配置は、半時計方向に1/20、1/8、1/4、1/2、1、Tの順。

それ以外でのⅡ型との相違点は、距離計に倍率1.5倍の可変倍率拡大装置が内蔵され、測距精度が向上した他、ボディ左右の上肩部にストラップ取付け用のアイレット金具が備わったことである。

Ⅲ型の生産期間は、1933年から1939年の6年間と、他モデルと比べて短い。Ⅲ型を発売して間もなく、1/1000シャッター機能を搭載した後継機種「Ⅲa」が登場したためである。生産台数は、No.107601からNo.343100までの間で合計76,457台。しかし、その期間中には、外観上のいくつかが変更され、大きく5つのバリエーションに区別することができる。

1)初期型
底蓋取付け用突起の径が、A型以来の3mm。また、シャッターダイヤルも12.5mm径と非常に小さい。

2)クローム仕上げ初期型
クローム仕上げはNo.111501から始まるが、Ⅱ型やスタンダード型の同時期と同様、梨地メッキ砂目が非常に細かく、後の梨地メッキと比較すると光沢が強いという特徴がある。シャッターダイヤルは12.5mm径、底蓋取り付け用突起の径は大半が5mm径(ただし、ごく初期のものを除く)。

3)後期型
底蓋取付用突起の径は5mmに変更。また、シャッターダイヤル径も13.5mmに拡大。

4)クローム仕上げ後期型
シャッターダイヤル径が13.5mmにまで拡大し、梨地メッキの砂目が荒い。

5)セミクローム仕上げ型
1936年から1937年にかけて、生産性を向上させるべくニッケルメッキが廃止され、レンズ鏡胴部を始めとする全メッキ仕上げ部品がクロームメッキに統一された。そのため、同時期以後に生産された黒塗り仕上げ仕様のライカは、従来、ニッケルメッキだった部品がクロームメッキに変更され、日本で言う「セミクローム型」というモデルの登場に至った(しかし、この「セミクローム型」は日本独特の表現である。ライツ社や諸外国のライカ愛好家は、このタイプに対する特別な分類はしていない)。

Ⅲ型は、アメリカではF型と呼ばれており、日本ではDⅢと呼ばれていた。Dの由来は、当時の日本がⅡ型をD型と呼称したところにある。事の顛末はこうだ。当時カメラ技術指導者で記者でもあった吉川という男性が、シュミット商会の後の社長・井上に「今回のライカはD型と呼ぶのですか」と訊ねると、井上はこう答えた。「ライカではⅡ型と呼んでいるそうです」。しかし、にも関わらず吉川は、後日、雑誌に執筆する際にライカDⅡと表記してしまう。そして、それが日本で定着。以降、日本ではライカⅢ型をDⅢ、ⅢaをDⅢaと、Dを付して呼称するようになった(ただし、戦後からはその習慣も消えつつあり、現在ではDは付けずに、DⅡはⅡ型、DⅢはⅢ型と呼ぶのが一般的である)。

お見積もりはこちらから

ライカ関連トピックス

お見積もりはこちらから