Leica Stock

お問い合わせ 0120-24-8484 見積りフォーム

ライカスタンダード(E型)

ライカスタンダード(E型)
販売期間 1932-1950
マウント形式 スクリューマウント(Lマウント)
シャッタースピード Z(B)、1/20、1/30、1/40、1/60、1/100、1/200、1/500
シャッター形式 布幕横走りフォーカルプレンシャッター
シンクロ接点 なし
フィルム巻戻し ノブ式
Ⅱ型の普及型と位置づけられて発売された「スタンダード」。一言で言えば、Ⅱ型から距離計を外し、広角や標準レンズを使用した際の操作性を重視した廉価版カメラである。つまり、スタンダード型はⅡ型の最大の特徴である連動距離計が内蔵されていないわけで、実質的な仕様はC型に近い。他にも、色々な機能を取り払ったシンプルな構造のため、壊れにくく軽快で、扱いやすいカメラとして高い人気を誇った。

連動距離計を内蔵したⅡ型が発売されたのが1932年。それにやや遅れるも、同年のことである。Ⅱ型から距離計機構を取り去ったスタンダード型(アメリカでは「E型」と呼ぶ)が発表された。といっても、スタンダード型は基本的にはC型の延長上にある機種で、仕様もC型に近い。実際、C型とスタンダード型との大きな相違点は外観上で三つしかない。

1つ目が、巻き返しノブ。C型は、A型・B型と同じく、巻き返しノブは太くて引き上げができないタイプであるが、スタンダード型はⅡ型以降と同じで、直径が小さい引き上げ式である。
2つ目が、仕上げ。C型までのライカは、すべて黒塗り仕上げである。しかし、スタンダード型には黒塗り仕上げと梨地クロームメッキ仕上げの二種類が存在する。
そして3つ目が、アクセサリーシューのベースプレートの形状。スタンダード型では、Ⅱ型と共通の角形となった。

スタンダード型の生産期間は、1932年から1950年。シリアルナンバーはNo.101001に始まり、No.355607で終わっている。生産台数は、黒塗り仕上げとクローム仕上げの合わせて27,225台。生産期間が18年と長くに及ぶため、製造時期により細部の様式が異なる。

まず、1933年頃までに生産された、いわゆる初期型。このタイプにはまだⅠ型時代の名残が強く残っており、C型との相違点も一ヶ所しかない。巻き返しノブが引き出し式の細型に改良されただけである。シャッターダイヤルも15.5mm径とA型以来の大きいものが付いていて、底蓋取付け用突起もA型と同様の3mm小径を使用。ボディ背面にピント調整用穴の丸蓋もあった。しかし、この初期型は1932~1933年に製造されたほんの数台のみで、間もなく背面のピント調整穴の丸蓋も廃止され、シャッターダイヤル径も13.5mmに。さらに、底蓋取付け用突起も5mm径に変更された。

中期のスタンダード型は、Ⅲa型と同様、普通の大きさのシャッタースピードダイヤルに変更され、背面の調節穴は撤去。底蓋引掛用の突起は太いものに改善された。仕上げは黒塗り仕上げとクローム仕上げ、そしてセミクローム(黒塗り金属部分クロームメッキ)の三種類。一部にネックストラップ用のアイレットが付けられているものもある。スタンダード型で最も多く作られた典型的なタイプである。

後期のスタンダード型は、C型同様、スロースピードダイヤルの取り付け座と、ネックストラップ用のアイレットが付いている。この型のスタンダードは、第二次世界大戦後に製造された。出荷記録によれば、1948年に生産されたNo.353948、No.35395、No.353953、No.353955~353961の10台はストラップ用アイレット金具付で出荷されている。また、これとは別に、1947年から1950年にかけてアメリカのニューヨーク・ライツ社で組み立てられたNo.355001~355460、No.355551~355607のおよそ500台は、Ⅲ型のボディシェルを使ったためストラップ用アイレット金具に加え低速シャッターダイヤル座金が付いている。この台座は、前半は金属円盤を3本のネジで止めたタイプで、後半はⅠc型のように合成皮革でカバーしたタイプで、中には「シャークスキン」と俗称される縦シボが強くて硬い合成皮革が使用されたものもある。

ちなみに、このタイプのスタンダード型は戦後間もない1947年に発売され、ドイツ本国でライカの生産が本格的に軌道に乗る前の品不足に対応するため、ニューヨーク・ライツ社が補修用の部品を使って組み立てたものである。通称「スタンダードニューヨーク型」。レンズはアメリカのウォーレンサック製が付属している。先述の通り、生産台数は1950年までのおよそ500台と希少なため、今ではコレクターズアイテムの一つである。

お見積もりはこちらから

ライカ関連トピックス

お見積もりはこちらから